動物たちのおはなし 公園だより

紅色のフラミンゴ
 フラミンゴの羽のあの鮮やかなピンク色は、生まれたときからピンク色な訳ではありません。フラミンゴはミルクで子育てをするというめずらしい鳥ですが、そのミルクの中にピンク色になる成分が含まれているのです。成鳥になってからも、ピンクになる成分を摂らないと、次第に色は薄れて白っぽくなってきます。その成分は何かというと、『β―カロチン』。私たち人間もニンジンやホウレン草などの野菜などから摂っているものです。
 この季節のフラミンゴは、エサのオキアミ(アミエビ)をたくさん食べて、1年の中でも一番色鮮やかでとてもきれいになっています。これはもちろん結婚相手を魅了するため。フラミンゴ界でもやはり、見かけが大事なのでしょうか・・・?
« 白いゴシキセイガイインコ?
象の爪きり »
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917