ニュース&トピックス

ライオンのキングの死亡について

 

 11月16日(金)にライオンのキング(オス・17才)が死亡しましたので、お知らせいたします。

 

 10月31日(水)から食欲の低下と体調が不安定な状態が続き、横になって過ごす時間が増えたことから、11月9日(金)から展示を見合わせておりました。高齢個体であり、慎重に投薬による治療を行いながら経過観察していましたが、11月16日(金)午前、肝障害等により死亡しました。メスのライとも相性が良く仲睦まじい姿をまだまだ見せてくれると信じていただけに、残念でなりません。

 

2018_キング訃報-6.jpg

 17才3ヶ月の生涯でしたが、これまでキングを応援してくださった多くの皆様に、心より感謝申し上げます。

 

なお、11月21日(水)から11月26日(月)まで、獣舎前に献花台を設けることにしています。

 

 今後とも、到津の森公園をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

10.png10.png10.png

【キングについて】

2001(平成13)年7月25日生まれ。

2004(平成16)年11月11日に旭山動物園より来園。

ライ(メス・8才)と共に飼育しており、仲睦まじい姿を見せてくれていました。

2頭の間に生まれた「チャチャ丸」(オス・5才)は、現在福岡市動物園で飼育されています。

 

 

 

« 福岡県立小倉西高等学校のみなさんがボランティア活動を園内で行っています
到津の森ちからの会による「サリーとラン ラッピングバス出発式」について »
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917