ニュース&トピックス

絵本作家 あべ弘士さん 来園!
あべ弘士さん

 

元飼育係という異例の経歴を持つ あべ弘士さん。

日本で一番有名な動物園と言っても過言ではない北海道旭川市の「旭山動物園」で、25年間飼育係として勤務後、絵本作家となりました 芸術2.gif

 

去る3月9日(土)、到津の森公園で、九州大学人間環境学研究院の皆さまが、ユーザー感性学専攻で行っている講義の講師として、あべ弘士さんをお迎えし、到津の森公園の中を一緒に見て回り、ワークショップを行うという集中講義を実施されました。

到津の森公園内の様々な工夫や、動物たちとお客さまとの出会いの場面設定など、ユーザー感性学の視点から興味深いテーマがあるのだそうです 258375.gif

2019_あべ弘士さん来園-7.jpg

 

あべ弘士さんは、到津の森公園の岩野園長とも親交が深く、到津の森公園をとても気に入っている動物園の一つとお話しされています ゾウハート.gif

 

そのお話は、図書館向けの児童書出版社グループのカタログ※1『2019年 CBLの会ブックカタログ おもしろい図書館』で、特集インタビューとして掲載されています。

※1 児童書出版社グループCBLの会(一声社・絵本館・クレヨンハウス・好学社など14社)が制作し、毎年、公共図書館、学校図書館にお届けしている無料カタログ(一般流通はしていません)。図書館司書、学校の先生方が読者となるカタログです。


【絵本作家 35853.gif あべ弘士さん プロフィール】

  1948年 北海道旭川市に生まれる。
  1972年 旭山動物園の飼育係となる。
       この年から25年、ゾウ、ライオン、フクロウ、ゴリラなどさまざまな動物を担当する。
  1981年 『旭山動物園日誌』を出版。以後、さまざまな出版社から絵本を刊行する。
  1996年 旭山動物園を退職し、創作活動に専念する。
  講談社出版文化賞絵本賞、赤い鳥さし絵賞、産経児童出版文化賞美術賞受賞など受賞多数。
  代表作として「あらしのよるに」「ライオンのよいいちにち」等がある。
  旭川市在住。
 

 

« (社)北九州緑化協会によるボランティア活動が行われました
多言語Wi-Fi音声ガイドシステムのサービスを開始しました! »
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917