動物たちのおはなし 公園だより

お部屋のおはなし~⑥(^^*)♪

みなさん

こんにちは~happy01

 

マンドリル寝室ゴチャゴチャ空間から

場所をかえて~notes

今回は

291128 (40).jpg

(林床ゾーン)ワオキツネザルのお部屋紹介ですheart04

おはなし②でちょっと紹介していますが

まずは

お部屋の空間と広さからsign01

 

運動場

DSC_0731.jpg

8m×5m×(高さ)4m

 

寝室

291128 (25).jpg

4.7m×2.4m×(高さ)2.4m

運動場と寝室をつなぐ通路

DSC_0047.jpg

 

そしておはなし⑤で紹介した

個別飼育管理が必要なときにつかう予備寝室は・・・

 

実はワオキツネザルの寝室は

隣で生活しているクロキツネザルの寝室と同じ建物内にあり

予備寝室は、なんとクロキツネザルと共有で使用するようになっていますcatfacesweat02

  • 291128 (26).jpg
  • ①ワオキツネザル寝室 
  • ②予備寝室     
  • ③クロキツネザル寝室

そして、ここでは

291128 (41).jpg(トンボ)

クロキツネザル5頭

ワオキツネザル6頭、3頭の2群+1頭の合計10頭が生活していますheart04

 

2群ということは別々の部屋で生活をするわけで、

現在、ワオキツネザル寝室で6頭、予備寝室で3頭が生活をしていますcoldsweats01

そして+1頭は高齢のオス個体で、同種との生活ができないため、

クロキツネザルと生活をしていますcoldsweats01

(日中は、寝室と通路で生活をしており、運動場にはでていません。)

このおはなしはまた後日smile

bud   bud   bud   bud   bud   bud   bud      

さて、それでは寝室を見ていきたいと思います。

ワオキツネザル寝室

291128 (31).jpg

マンドリルの寝室と比べると

少しシンプルに見えるかもしれませんねsmile

 

マンドリル寝室と、特に違うのは

何だと思いますか

 

 

sign02

 

 

正解sign03

 

そのとおりで~すsign03

空間を分けるための板や丸太、木が少ないことですhappy01

 

特に上下に空間を仕切る横向きの丸太が少ないsign03

縦木12本(固定8本、可動4本)に対して、横木4本(固定2本 可動2本)

291128 (21).jpg

(白い消防ホースがついているものは、ぶら下げているだけで固定していない可動タイプです)

 

ワオキツネザル(現飼育個体)に空間を仕切る必要がないのかというと

そうではありません。

 

ワオキツネザルにも順位はありますし、6頭の群れは2家族構成のため、闘争もおこることがあります。

 

では、どのように空間づくりをしているのか、それは

これ

   downwardright  downwardright  downwardright  downwardright           

291128 (34).jpg

空間づくりのために使う塩ビパイプですhappy01

これまで登場した寝室の写真を見ている方は

その使い道にピンと来るかも知れませんが

291128 (35).jpg

枝葉入れsign01ですheart04

 

フェンスや丸太、木などいろいろな所につけあり

291128 (32).jpg

枝葉を入れることで空間づくりを行っていますhappy01

291128 (38).jpg

もちろん、飼育個体、群れの状態にあわせ

空間づくりは行わないといけませんので

必要に応じ丸太や板などをもっと取り付けることもありますnote

 

 

丸太などを使ったゴチャゴチャ空間づくりをすることもあるのに、

どうして、枝葉での空間づくりを優先して行っていると思いますかsmile

それは…

291128 (23).jpg

(木の葉を食べる)

みなさんも知っての通り、サルは木の葉や草を食べますnotes

部屋にたくさんの木の葉や草があることで、食べ物の取り合いも少なくなりますし

291128 (24).jpg

(枝の上に座って休み)

たくさんあるので、急いで食べる必要も無くなるので、エサの時間を自分たちで決めることが出来ますnotes

(*果物や野菜などのエサの時間は飼育員が決めていますcoldsweats01

291128 (39).jpg

(朝:運動場に出るまでの時間も好きなときに木の葉が食べられる)

そして、枝葉を入れる場所を変えるだけで

変化に乏しい飼育環境に

日々、変化を与えることができるからですhappy01heart04

(ちょっとした事だし、動物にどの程度の刺激を与えられているか科学的なデータはありませんがcoldsweats01

 

いいとこだらけの枝葉heart01

291128 (37).jpg

 

clover  heart01  clover  heart01  clover  heart01  clover  heart01  clover  heart01  clover  heart01  clover  heart01            

ですが・・・

マンドリルのように、枝を折って食べたり、遊び道具とする種には

枝葉による空間づくりは適していません・・・というより物理的に無理があるのでcoldsweats01

エサ、遊び用としてあげていますheart04

*動物たち(サル以外にも、キリンやムササビ、インコなど)に与える枝葉は園内の木から集めているため、使える枝葉の量に限りがあります。森の維持管理しながら…どこに優先的に使っていくのか調整が必要になります。

clover  heart01  clover  heart01  clover  heart01  clover  heart01  clover  heart01  clover  heart01  clover  heart01 

 

お部屋の快適化note

目的は同じでも、方法はいろいろあるんですよheart04

 

bud   bud   bud   bud   bud   bud   bud

次回はフェンスについている

291128 (25)2.jpg

の紹介と

予備寝室とクロキツネザルのお部屋の紹介をしま~すhappy01

お楽しみに~heart04

 

お部屋のおはなし①・・・http://www.itozu-zoo.jp/blogs/animal/2017/10/8260.php

お部屋のおはなし②~空間と時間~・・・http://www.itozu-zoo.jp/blogs/animal/2017/10/8265.php

お部屋のおはなし③~給餌機にしかけを~・・・http://www.itozu-zoo.jp/blogs/animal/2017/10/8273.php

お部屋のおはなし④~給餌機、エサ入れの設置~・・・http://www.itozu-zoo.jp/blogs/animal/2017/11/8282.php

お部屋のおはなし⑤~飼育個体にあわせた空間作り~・・・http://www.itozu-zoo.jp/blogs/animal/2017/11/8338.php

お部屋のおはなし ~番外編①~・・・http://www.itozu-zoo.jp/blogs/animal/2017/11/8342.php

 

 

« レッサーパンダのすくすく物語⑩
植栽隊~ (^^)♪ »
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917