動物たちのおはなし 公園だより

恋猿物語

寒い日は

20180213saru1.jpg

サル団子に限りますね(笑)

 

気が付けば、バレンタインも目前。

 

義理チョコというのは日本特有の文化のようで~。

朝のテレビで言ってました。。。

20180213saru2.jpg

さて、そんななかニホンザルたちは恋の季節真っ只中!!

 

20180213saru3.jpg

仲睦まじいカップルの姿が見られる時期です。

(写真は少し前に紹介されたユメくんとアカネちゃん http://www.itozu-zoo.jp/blogs/animal/2018/01/8461.php

 

そして、闘争も多くなるこの時期。

 

メス同士やオスとメスでいろいろとあるようで。

 

恋の季節は、サルたちのいざこざが絶えない時期でもあります。

 

義理チョコは日頃の感謝やコミュニケーションの円滑化が目的のイベント。

男の私としては、ホワイトデーのお返しが・・・とプレッシャーをかけられる日になるわけですね(笑)もらえればの話ですけど・・・(笑)

 

さて、サルたちにはそんな他人、いや他猿にプレゼントを渡すなんていう習性はありません。

野生では、自分の力で生きていけるようにならないといけませんから、子ザルに親がエサを与えることもありません。

 

よく、お客様がエサを子ザルにあげようとして、他の大きい子にとられて「かわいそう」と嘆いておられる声を聞きますが・・・サルたちの社会はそう甘くないので、ご理解いただければと思います。

 

そんなサルたちのコミュニケーション、関係を良好に保つ秘訣は

20180213saru4.jpg

「グルーミング」、毛づくろいですね。

 

20180213saru5.jpg

体についたゴミなどをとってきれいにしてあげています。

 

20180213saru6.jpg

これが思いのほか気持ちいいようで、グルーミングされている側のサルの表情はとろけてしまいそうな顔をしていることが多いです(笑)

 

よくボスザル(第一位オス)がたくさんのメスにグルーミングしてもらっている光景を想像しますが、

 

ボスザルだって、グルーミングをしてあげたりもするんですよ。

 

 

 

20180213saru7.jpg

一生懸命グルーミングをしている姿を見ていると、サルたちにも思いやりの気持ちがあるのかもしれないなって思うことがあります。(いや、あるとは思いますが・・・)

 

20180213saru8.jpg

20180213saru9.jpg

20180213saru10.jpg

20180213saru11.jpg

こうやって、仲睦まじい姿を見られるのも恋の季節ならでは。

 

 

 

 

 

ニホンザル担当チーム

« 冬の雨の日
生き物観察と ○ ○ 拾い (^^*)♪ »
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917