動物たちのおはなし 公園だより

いとうづレッサーびより⑬

 今回は、到津レッサーパンダの近状をお知らせします。

 中々、ブログの更新が出来ず申し訳ありませんweep

 

 レッサーパンダ達のheart04恋の季節heart04もいよいよ終盤に近づいてきました。(通常1月~3月)

今のところ、リンリン&ノカゼ、クスクス&アシタバ 両ペアに交尾は確認されていませんweep

 リンリン君たちは、午前の同居時間以外にも午後も寝室で少しの間、同居してもらっているのですが…bearing

 こればかりはどうにもできないので、もう少し見守りたいと思いますconfident

 

 そして、newペアsign01クスクス&アシタバは

 と言うと…

 クスクス君はアシタバちゃんを避けるかの様に過ごし、

アシタバちゃんも怒られるのを恐れてか、積極的には近づきませんweep

 

 しかし、3月14・15日の2日間はアシタバちゃんの恋鳴きが聞こえ、発情している様でしたconfident

アシタバちゃんの行動変化は、恋鳴きの他にも、クスクス君にちょっかいを出そうとしていたり、じーっと見つめていたり、なんだかモジモジしていたり、屋外展示場で爆睡していたりsleepy(これは関係ない?)していましたが

肝心のクスクス君が興味なしと言った感じですshock

 

 

まだ、若いペアですからね。来年に期待しましょうhappy01今年はアシタバちゃんの発情傾向が確認できただけでもok

20190319-001れっさー

爆睡中のアシタバちゃんsleepy

 

 

 そして、野花ちゃんはといいますとconfident

お年頃になった野花ちゃんは、父であるリンリン君や、兄のクスクス君とは一緒にいられないので、

リンリン&ノカゼを午前中に展示して、午後から野花ちゃんの展示になっています。

この頃は午後も野風ちゃんはリンリン君と過ごしているので、野花ちゃん1頭での展示。

 

 

ずっと母の野風ちゃんと一緒に過ごしてきていたので

急に1頭になるのはさみしく、不安もあるだろうことから

2月から徐々に母子を分ける練習を開始していました。

 

 

そのおかげか、野風ちゃんと離れても何度か鳴くだけですぐに落着き、

夜間も1頭で過ごすことが出来る様になりましたhappy01

 

午後の展示も1頭で担うことがありますが木に登って風を受ける野花。

たくましく、そして美しく育ってくれたなと思います。

(ちょっと毛がボサボサなのは野風ちゃんの愛情の証coldsweats01

 

 

20190319-002れっさー

キリっと美人な野花ちゃんlovely

 

 そうそう、

3月24日(日)11:00~と、14:00~は

普段は聞けない動物園の裏話

『レッサーパンダの赤ちゃんの話』が開催されますhappy01

 今回は、一緒に野花ちゃんを育てた外平獣医が野花ちゃんの成長の様子をお話します。

 お話の後には質問タイムもあるそうなので、みなさんぜひご参加くださいねshine

 

 

 

« ふわふわ
ゾウにとって幸せな暮らしとは? »
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917