動物たちのおはなし 公園だより

「野生のレッサーパンダに会いに!」を開催しました。その1

 

 9月の第3土曜日はレッサーパンダの保全活動を行っている

Red Panda Networkが提唱する

     国際レッサーパンダデーです。

 

 

この日、多くの方にレッサーパンダについて広く知っていただくことを

目的として世界各国の動物園で様々なイベントを行っていますsign03

 

 当園でも毎年イベントを行っているのですが、

        

      今年は・・・

 

「野生のレッサーパンダに会いに!」というタイトルで

約1時間に渡りお話をさせていただきました。

 

初日は雨rain、翌日は台風typhoon接近の中2日間で

50名の方にお集まりいただき、

本当にありがとうございましたhappy02

 

 さて、実は今年の3月にRed Panda Networkが開催している

エコトリップツアーに参加してきました。

そこで見てきたこと、感じたこと、

生息地の様子や、保全活動の取り組みなどを

紹介させていただきましたnote

 

 どんな話だったのか?簡単にまとめてみました。

長くなりそうなので、2回に分けてお伝えしようと思います。

 

では、はじまりはじまり~eye

 

 私たちが向かったのは、シセンレッサーパンダの故郷、中国…

ではなく、ネパール連邦民主共和国sign01

 

 

 ご存知無い方も多いかと思いますが

レッサーパンダには日本の動物園で多く飼育されている

シセンレッサーパンダの他に

ネパールやインドなどに生息する

ネパール(ニシ)レッサーパンダがいます。

 

flair今回の旅は、ヒマラヤ山脈のふもとに生息する

野生のネパールレッサーパンダに会いに行くツアーでしたhappy02

 

 

dollar参加してから知ったのですが

このツアー料金のなんと40%が保全活動費に充てられるとの事sign03

(少しでもレッサーパンダの為に役立ててもらえて嬉しいshine

 

はじめてのネパールへの旅sign01

ネパールについて話したいことはたくさんあるのですが

長くなるので写真でお楽しみくださいbleah

 

ネパールで1番有名なお寺スワヤブナートgood

 20191003-001-003れ

 

カトマンズの街

 20191004001-1れ

街中の犬

20191004002れ

気持ちよさそうにどこでもここでも寝ています。

この旅で犬は100匹ぐらい見た気がしますが、

猫は3匹のみ。

神聖な動物である牛は平気で道路に寝ていたり、

少し田舎へ行くとヤギがたくさん。

 馬は観光乗馬や、荷物を運んでいる姿が見られました。

アカゲザルや、見ることはできませんでしたがラングール、

カトマンズの街中にはヒョウも現れるそうですwobbly

 

 

 さて、カトマンズからレッサーパンダの生息地へ向かうのに

ヒマラヤ山脈を横目に飛行機で45分のフライト・・・

 20191004003れ

白いところは雲ではなく、雪sign01

 

 

さらに途中1泊し、ジープに乗って2wobbly

到着したのは標高2000mの山間部の村でした。

(昔は、この辺りにもレッサーパンダが生息していたんだそうです)

ここで地元の方のお家にホームステイさせていただき、

翌日、高地順応を目的としたトレッキング7時間!

(ちなみに、ばっちり高山病になりましたsad

 

たどり着いたのは…

 20191004-004れ

*パシブバラ山から撮影

世界第3位fuji標高8586mの山カンチェンジェンガの麓、

メチ県タプレジュン郡にあるパシブバラ山(標高3794m)

 

 

実はこの山頂にはネパールの人にとって

重要な寺院の一つでもあるパシブハラ・デヴィ寺院があり

生息地のすぐそばには1㎞に渡って石段の

参拝道が整備されていました。

たくさんの参拝客や土産物屋さんが点在しており、

レッサーパンダの生息地なんだから

ものすごい奥深い山を想像していた私はカルチャーショックsign01

こんな場所にレッサーパンダがいるのか?と

心配になるようなところでしたwobbly

 20191004-005-1れ

参道にあった狛犬?ならぬ、狛獅子?

 

私たちが宿泊していた山小屋は標高2800mにあり、

ここからレッサーパンダの捜索に出るのですが

参拝道から少し入ればそこにはシャクナゲの木などが生い茂る山の中。

突然、霧が発生し、あっという間に回りが見えづらくなってしまいますwobbly

20191003-004れ 

 

 

この雲霧林を歩きながら、まずは目印となるウンチを探しますdash

 20191003-005れ

20191003-006れ

20191004-006れ

 ウンチは地面でも見つけることができましたが、

ほとんどは大きな木の又に堆積しています。

ほぐしてみると中身は竹の葉ばかり。

野生のレッサーパンダは竹類を95

その他にも野生のキウイフルーツの仲間やイチゴの仲間、

ドングリやキノコ、カタツムリなども食べるそうですsnail

 

 

そして、今回1番見たかったのはコレeye
 

 

20191003-007れ

野生のレッサーパンダが食べている竹です。

日本の動物園で与えている孟宗竹のような

大きな竹は自生していないだろうと思っていたので

どんな竹を食べているのか見てみたかったのです。

 

大きくても2mほどの竹というよりは笹の仲間のようです。

 

これが生息地にまばらに生えていました。

 

そして、もう一つの疑問eye

レッサーパンダの体の色についてsign01

英名ではRED PANDAと言われるほど

きれいな赤茶色をしているレッサーパンダ。

(特に、凌凌や笑笑はキレイな赤茶色をしてますもんねhappy02

長年、この毛色が不思議で仕方ありませんでしたが、

その疑問も解けましたsign01

 

20191003-008れ

 山の木にはレッサーパンダの毛色にそっくりな苔が生えています。

 その苔にうまく似せることでカモフラージュしているそうです。

 これは、現地でないと中々分かりませんが、

本当にうまい具合にマッチしているので、

素人目には苔か、丸まっているレッサーパンダなのか分かりません。

そんな環境に暮らすレッサーパンダに会える確率は

50%と言われていましたが

現地のフォレストガーディアン(森を守る人)の

協力によって探してもらいましたeye

 

 

 

そして、そして、出会えたのが…

 

 

このレッサーパンダ

20191003-008れ

なんと1012mほどの超至近距離で観察することができたのですup

*こんな至近距離で観察できることは中々ないそう。

通常30mほど離れたところから望遠レンズや双眼鏡で見るのが普通だそう。

 

標高3150m。気温8℃の霧の中

 

 

レッサーパンダ発見の知らせを受けてから参拝道を上り、

山に入り、足元の悪い山道を進み・・・4時間・・・

 

出会えた瞬間crying

涙がダーっと!流れ出てきました。

人生の中で1番感動した瞬間でしたsign01

本当に会うことが出来てよかったsign03

 

 この個体は、昨年生まれの若い個体。

小さい体にも関わらず野性味溢れた顔つき。

そして、左目の下には野生らしくダニが付いているのが分かります。

 

およそ20分間。感動で打ち震える私たちを横目に、

彼(彼女?)は、深い森の中に消えていきました。

 

人の生活のすぐそばで暮らしているレッサーパンダ。

この山には、

多くても3~5頭しかいないそうです。

 

次回は、生息地の現状や保護に向けての取り組みのお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« マンドリル植栽隊
「野生のレッサーパンダに会いに!」を開催しました。その2 »
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917