到津の森公園

動物たちのおはなし 公園だより

獣医だより2-1

今日はプレーリードックのナオッピーについてお話します。

 

今年の春に4頭の子供が生まれ、にぎやかになったプレーリー達notes

全ての個体に名前はありますが、なかなか見分けが難しいですcoldsweats01DSCF2623.jpg

(とある日の夕方の様子。)

DSCF2588.jpg

(とある日の朝の様子。何頭いるかわかるかな?)

しかし、なかにはだれが見てもすぐにわかる個体が1頭・・

 

それは最年長のナオッピー!flair

DSCF2546.jpg

ナオッピーには喉(のど)に大きな“コブ”があり、少しやせています。

“コブ”は大きくなり始めた時の検査で、それほど悪さをしないものであったことと、その時すでに高齢だったことから、取らずに様子を見ることとなりました。高齢のため、目はあまりよく見えていません。

しかし、長年の経験から、水の場所も外から寝室へ帰る道もしっかり覚えていますgood

 

5月のとある日、そんなナオッピーに鋭い視線を送る黒い影が。。

次回へ続く

« 獣医だより①-2
いとうづレッサーびより⑳~国際レッサーパンダデー~ »

公園だより

カテゴリ別