到津の森公園

動物たちのおはなし 公園だより

獣医だより2-2

前回に引き続き、ナオッピーのお話です。(前回はこちらから)

 

今年の5月の園内はいつもと違っていました。

そうです、コロナの影響で休園crying

いつもなら到津の森公園も多くのお客さんがいらっしゃるため、それほど近寄ってはこない黒い影……………カラスですshock

5月はカラスの子育て時期、ヒナのために一生懸命エサを探しまわります。休園中で人影が少ないため、園内ではカラスが好き放題sweat01

なんと、ナオッピーを狙うようになってしまいましたshock

社会性が高いプレーリードック。天敵が接近した際には、警戒音を発して仲間に警告して、すばやく安全な場所へ逃げる動物です。しかし、ナオッピーはそれほどすばやく動けません。また、目もよく見えていないため、カラスに気が付くことも難しいのですsweat01

そのため、プレーリー舎のカラス侵入防止を強化せざるを得なくなりました。アライグマ側からは、やや見え難くなってしまいましたが、ご理解頂ければと思います。DSCF2627.jpg

野生でのプレーリードックの寿命は3~4年、長くて5~6年と言われています。飼育下では8年以上の長寿個体も増えているとはいえ、ナオッピーは11歳shine!!・・・すごいです!DSCF2607-1.jpg

今後もナオッピーのペースでゆっくりと過ごしてもらえたらと思っております。ナオッピーの体調により、寝室にいてもらったり、見えない奥の部屋(お気に入りの寝床です)にいることもあります。

昨日は敬老の日でしたね。動物園には他にも高齢の動物たちがいますので、どうか温かい目で見守って頂ければと思います。IMG_20200707_085136 (002).jpg

プレーリードック舎にいらっしゃった際はぜひ、ナオッピーを探してみて下さいねwink(この写真にもナオッピーはいますよ!)

« テト&シィ
獣医だより3 »

公園だより

カテゴリ別