園長の部屋 公園だより

モンゴル報告その5

モンゴルは草原!草原の動物が見たい!

一番印象的なのはナキウサギ。モンゴルに住む人にとってはノネズミのような存在らしくまったく注目されない。そういえばツーリストキャンプのゲルの床下か らのこのこと出てきたナキウサギもいましたねえ。ツーリストキャンプのゲルは移動しませんから風雨(雨はないか・・・)をしのぐには格好の隠れ家になって いるようです。彼らは岩場にも草原にも棲んでいますが自分たちが掘ったトンネルや自然の岩は過酷な環境から身を守ってくれます。ここゲルの下は暖房付の快 適マンション。

それほど当地の人には係わり合いが深いのですが特別悪さもせず生き、どこにでも居るという数の多さが注目度を下げている理由なのでしょう。

北海道の大雪山にこの動物を見に行ったことがありますが、姿はもちろん、鳴き声さえ聞けずじまい。こんなにいるとねえ・・・ここでは有難味もないわ。

北海道で調査研究している人は岩の上で警戒している姿を「瞑想している」というそうですが、モンゴルのナキウサギは冬の準備の食べ物集めに人の姿も気にならない様子。

« モンゴル報告その4
モンゴル報告その7 »
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917