到津の森公園

動物たちのおはなし 公園だより

ウサモルハウスのおむかいさん-3-

今回はプレーリードッグたちのトレーニングの様子をお伝えします!

体重測定は健康管理の基本!プレーリードッグたちも頻繁に測定していますrock

 

プレーリードッグは鋭い切歯を持っていますが、きちんと保定(動物が動かないようにおさえておくこと)をすれば、人もプレーリードッグもケガをせずにつかんで移動させることができます。そのため、以前は一頭一頭をつかんで体重計の上に乗せて測定をしていました。

しかし、つかまれることはプレーリードッグたちにとってストレスがかかってしまいますdespair

少しでもストレスをかけずに体重測定をしたい!ということで体重測定のためのトレーニングを開始しました!flair

理想は自ら体重計に乗ってくれることですが、体重計を置くスペースの問題と一頭だけ乗るということがなかなか難しいのでsweat02、まずは、自ら“かご”に入ってもらい、“かご”に入ったまま体重を測定することにしましたflair

まずは普段与えていないペレットを人の手から一頭一頭に与え、ペレットのおいしさと人の手が近くに来ても怖くないことを学習してもらいました。

慣れてきたころ、ペレットを“かご”に入れ、“かご”の中のペレットを食べる練習をします。

①.jpg

ペレットに夢中になっている間に、プレーリードッグの体を下からすくい上げるように、かごの中に入ってもらい、そのまま体重測定!!

セロリ2021.2.23.jpg

(↑じっとしているセロリ)

DSCF5306.jpg

(↑そろそろ外に出たそうなナッシー)

仰々しく書きましたが、人にある程度慣れていた大人のプレーリードッグたちはすぐにこの方法で測れるようになりました。また、最初はかごが動くことにびっくりしていましたが、今では、体重測定の間も、ペレットを食べていてくれます。たまに、おいしいごはんだけ咥えて外へ行こうとする子もいます(↓この時はわさび)coldsweats01

DSCF5312.jpg

ただし、昨年生まれの4頭はなかなかトレーニングが上手く進みませんでした。まず、人に対してびっくりしてしまい、手が近づくだけで大騒ぎしてしまいます。特に、シーザー と うめcrying

かごからもすぐに飛び出そうとしてしまうので、こちらも必死ですwobblysweat01

トレーニングを始めてもう4ヵ月は経つのですがbearing・・こればかりは気長にがんばるしかないですrockまずは、“人は怖くない”と早く覚えて欲しいですweep

プレーリードッグたちは飼育員もみなさんも「人」として認識するので、けっしてガラスをどんどんしないで下さいねcryingガラスを叩く音は中まで響いており、プレーリードッグたちを驚かせ、怖がらせてしまいますcryingみなさんも、プレーリードッグたちを観察する際はそっと覗いてあげてくださいconfident

 

ウサモル・プレーリー担当 二井

« ウサモルハウスからこんにちは8
モミジの近状 »

公園だより

カテゴリ別