獣医さんのお仕事 公園だより

動物たちの予防注射
トラやライオンにワクチンを打つための麻酔銃

おうちで犬や猫を飼っている人は毎年ワクチン(予防注射)をするために動物病院に行きますよね?動物園の動物にも犬や猫の仲間がいます。
トラやライオンは猫の仲間なので猫と同じ病気にかかります。また、タヌキやミーアキャットは犬と同じ病気にかかります。ですから動物園でも毎年こういった動物たちに犬や猫と同じワクチンを注射して病気を予防しています。
小さい動物はつかまえて注射を打ちますが、トラやライオンのような大きな動物はちょっとつかまえて注射を・・・というわけにはいきません。ではどうやって ワクチンを打つのでしょうか?麻酔銃や吹き矢に麻酔のかわりにワクチンを入れて打つのです。刺さった針はその日のうちに自然に抜け落ちます。
彼らの健康を守るために大切なことなのですが、いつもは強いライオンたちもやっぱり注射は嫌いなので、獣医はワクチンを打つとしばらくは嫌われてしまうのが悲しいですね。

« その名も「カンガルー病」
ワイルドライフレスキュー① ヤブサメの衝突事件 »
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917