ホンドフクロウ 〜到津の動物たち〜

ホンドフクロウ
【名称】
ホンドフクロウ
【分類】
フクロウ目 フクロウ科
【学名】
Strix uralensis hondoensis
【分布大区分】
日本
【分布小区分】
日本
【園内エリア】
郷土の森林

園内での居場所>>園内マップ詳細へ

鳴き声を聞いてみる

キャッチコピー

うたた寝しててごめんなさい。だって夜行性なんだもん。

ここに注目

木の中にとまっていると気づかないほど、上手にまわりの景色に同化しています。全部見つけられるかな?

ホンドフクロウの情報

【英 名】
Hondo Ural Owl
【体 長】
50~59cm
【体 重】
400~1200g
【尾の長さ】
 
【寿 命】
 
【野生での食べ物】
小動物、小型の鳥類、カエル、昆虫など
【レッドリスト】
軽度懸念(LC)
【ワシントン条約】
 

園内での食べ物

鶏頭
鶏頭
冷凍ヒヨコ
冷凍ヒヨコ
冷凍マウス
冷凍マウス

ホンドフクロウの生活

羽毛の色は濃い褐色で、灰色や白色などのまだらをしている。
顔には剛毛があり、まわりはハート型に縁取られている。
頭部には耳のような羽毛はなく、尾羽はやや長い。
メスはオスよりも体が大きい。
夜行性で昼間は高い木の枝などで眠っている。
力の強い足と鋭い足の爪で捕食し、獲物は鋭い嘴を使って引きちぎり、丸呑みにして食べる。消化しない骨や羽毛などは、あとで固まりとして口から吐き出す。
視覚だけでなく聴覚にも優れ、真っ暗な夜でも獲物の音を聞きだすことが出来る。また、羽毛は柔らかく、飛ぶときに音を立てることはない。

施設の魅力

フクロウ舎外観
フクロウ舎外観
里のいきもの館横の山に上がる坂道のふもとにある施設です。森の番人フクロウが山に上がるみんなをお見送りします。
木の陰にいる彼らを見つけてくださいね。

飼育員  中嶋 麻海  さんから一言

夜行性動物なので、やっぱり夜に見てほしいです。薄暗い園内に響く「ホーホー」と言うフクロウの声は、空気がピリッと引き締まるようで、かっこいいですよ!

動物ブログ

We Are supporter!! この動物たちを支えていただいているサポーターの皆さん

写真
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917