ムササビ 〜到津の動物たち〜

ムササビ
【名称】
ムササビ
【分類】
齧歯目 リス科
【学名】
Petaurista leucogenys
【分布大区分】
アジア,日本
【分布小区分】
日本、中国、朝鮮半島
【園内エリア】
郷土の森林

園内での居場所>>園内マップ詳細へ

鳴き声を聞いてみる

キャッチコピー

空飛ぶじゅうたんは夜間限定!

ここに注目

夜行性なので、普段は見ることができません。。が!夜間開園の時に皮膜を広げて飛ぶ姿が見れます!
オススメの夜間の日は、暖かくて風がなくて、晴れていて月がよく見える日!です。

ムササビの情報

【英 名】
White-cheecked Flying Squirrel
【体 長】
27~49cm
【体 重】
約900g
【尾の長さ】
28~42cm
【寿 命】
 
【野生での食べ物】
木の芽、樹葉、果実、昆虫、小鳥など
【レッドリスト】
軽度懸念(LC)
【ワシントン条約】
 

園内での食べ物

ヤマモモ
ヤマモモ
アラカシ
アラカシ
麻の実
麻の実
ひまわりの種
ひまわりの種
人参
人参
バナナ
バナナ
サツマイモ
サツマイモ
キャベツ
キャベツ
小松菜
小松菜

ムササビの生活

体毛は背面は暗褐色、胸腹部は暗灰色。頬には淡色斑がある。
四肢と体側と尾のあいだの皮膚が皮膜となっていて、これをうまく使って樹木のあいだなどを滑空することができる。
滑空距離は10m程の高さから、無風状態では15~20m 、風にのれば100~200mもの距離を滑空することができる。
夜行性で、昼間は樹洞や暗い林の茂みでやすむ。
樹洞、または直径約1mの巣を小枝で枝上につくり出産する。

施設の魅力

ムササビ舎内観2
ムササビ舎内観2
ムササビ舎内観
ムササビ舎内観
ムササビ舎外観
ムササビ舎外観
山の中に見えるとんがり屋根の施設には、ムササビ、ノウサギ、カルガモと日本の生き物たちが暮らしています。
昼間は、どの動物たちものんびりとして静かなところですが、夜になると雰囲気が変わります。

飼育員  中嶋 麻海  さんから一言

ぜひ、夜間開園でムササビに会いに来てくださいね。

動物ブログ

We Are supporter!! この動物たちを支えていただいているサポーターの皆さん

写真
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917