アオバト 〜到津の動物たち〜

アオバト
【名称】
アオバト
【分類】
ハト目 ハト科
【学名】
Treron sieboldii
【分布大区分】
アジア,日本
【分布小区分】
インドシナ東部、中国、台湾、日本
【園内エリア】
郷土の森林

園内での居場所>>園内マップ詳細へ

鳴き声を聞いてみる

キャッチコピー

青ってついてるけど、実際黄緑なんだよね。

ここに注目

黄緑色がとてもきれいなハトです。こんなハトが日本にも分布しているだなんて!!

アオバトの情報

【英 名】
Japanese Green Pigeon
【体 長】
32~35cm
【体 重】
190~290g
【尾の長さ】
 
【寿 命】
 
【野生での食べ物】
果実、堅果、種子など
【レッドリスト】
軽度懸念(LC)
【ワシントン条約】
 

園内での食べ物

穀類ミックス
穀類ミックス
青菜みじん切り
青菜みじん切り
果物ミックス
果物ミックス
水鳥用ペレット
水鳥用ペレット
マイナーフード
マイナーフード
ドッグフード
ドッグフード

アオバトの生活

名前のとおり、全身オリーブ色だが、オスは頭から胸にかけてが黄色、腹はクリーム色、肩から羽が暗赤色。メスはそれらの箇所もオリーブ色をしている。
嘴は青灰色、虹彩は青色である。
樹上に枯枝で皿形の巣をつくる。
海水を飲む行動が頻繁に観察されている。

施設の魅力

こもれび内観
こもれび内観
こもれび内観2
こもれび内観2
こもれびの径アプローチ
こもれびの径アプローチ
ウォークスルーできる施設の中には、日本の小鳥たちがすんでいます。
足元や木の上をよく探してみてください。かわいらしい姿があちらこちらで観察できます。
小鳥たちと仲良くなる秘訣は、おどかさずそっとのぞくことです。
野鳥なので、さわったり抱っこしたりするほど慣れていませんが、付かず離れずのもどかしい距離を楽しんでください。

飼育員  中嶋 麻海  さんから一言

保護でやって来て片目が見えていません。元気に暮らしてくれていて、嬉しいです。思いのほか目の前にいることが多くて、かえって見つけずらかったりもします。

動物ブログ

We Are supporter!! この動物たちを支えていただいているサポーターの皆さん

写真
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917