ニホンヒキガエル 〜到津の動物たち〜

ニホンヒキガエル
【名称】
ニホンヒキガエル
【分類】
無尾目 ヒキガエル科
【学名】
Bufo japonicus japonicus
【分布大区分】
日本
【分布小区分】
本州西部、四国、九州、壱岐、大隅諸島
【園内エリア】
郷土の森林

園内での居場所>>園内マップ詳細へ

鳴き声を聞いてみる

キャッチコピー

毒と薬は紙一重

ここに注目

ちょっとずんぐりむっくりした体型のカエルです。飛び跳ねるより歩いて移動します。目の後ろが膨らんでいるのは耳腺といってここに毒を貯めています。

ニホンヒキガエルの情報

【英 名】
Western-Japanese Commom Toad
【体 長】
7~15cm
【体 重】
44~600g
【尾の長さ】
 
【寿 命】
 
【野生での食べ物】
昆虫、ミミズなど
【レッドリスト】
軽度懸念(LC)
【ワシントン条約】
 

ニホンヒキガエルの生活

耳腺は長楕円形。
鼓膜の長径が眼と鼓膜間の距離にほぼ等しい。
体色には変異があり赤、朱色、オレンジ色、 赤褐色、黄土色、茶褐色、黄色、黒色等があり、さらに白色や黒色、茶褐色の帯状の模様がある。
皮膚にはイボがある。

施設の魅力

いきもの館ジオラマ
いきもの館ジオラマ
いきもの館テーブル
いきもの館テーブル
いきもの館外観
いきもの館外観
基本的には日本産の小さな生物を展示している施設です。常設展示の生物は少なく、その他は年間数回の展示交換の時に入れ代えます。
展示交換の際はテーマを決めておこなうためそのときには外国産の生物を展示することもあります。
内部にはジオラマがあり、覗き込んだり見上げたりしながら生物を観察することができます。

飼育員  吉森 安英  さんから一言

園内でも暖かい雨の日なんかには観察することができます。3年くらい前までは園内の姿見の池で繁殖していたんですが...最近は繁殖期にカエル自体をほとんど見ることができません...

動物ブログ

We Are supporter!! この動物たちを支えていただいているサポーターの皆さん

写真
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917