ミシシッピアカミミガメ 〜到津の動物たち〜

ミシシッピアカミミガメ
【名称】
ミシシッピアカミミガメ
【分類】
カメ目 ヌマガメ科
【学名】
Trachemys scripta elegans
【分布大区分】
アメリカ
【分布小区分】
アメリカ合衆国南部からメキシコ北東部、ブラジル
【園内エリア】
バードケージ

園内での居場所>>園内マップ詳細へ

鳴き声を聞いてみる

キャッチコピー

私は悪くありません。さがしてください。レアキャラです。

ここに注目

動く石をさがしてください。晴れた日は、日向ぼっこをよくしています。

ミシシッピアカミミガメの情報

【英 名】
red-eared slider
【体 長】
約28cm
【体 重】
約1400g
【尾の長さ】
 
【寿 命】
 
【野生での食べ物】
藻類、水草、水生昆虫、ザリガニ、エビ、貝類、魚類など
【レッドリスト】
準絶滅危惧(NT)
【ワシントン条約】
 

園内での食べ物

カメ用ペレット
カメ用ペレット
乾燥エビ
乾燥エビ

ミシシッピアカミミガメの生活

一般には“ミドリガメ”といわれる。
オスのほうが大型。
甲はゆるやかなドーム状で、背甲には弱い1本の隆条がある。
背甲の色彩は淡緑色から濃緑色で、黄色く細い複雑な筋模様が入る。
頭部や四肢、尾は緑や濃緑色、灰緑色で縦縞は非常に細い。
頭部の両側に橙赤色の斑紋が目立つ。
四肢や尾の縦縞は細い。
メスはしばしば黒化し、全身がまっ黒になる。
昼行性で日光浴を好む。

施設の魅力

バードケージ内観
バードケージ内観
バードケージ外観
バードケージ外観
網で囲われた巨大な施設には、12種類・約50羽の鳥たちが暮らしています。
日本に生息するオシドリやカルガモなどのカモ類やオーストラリアやアメリカ、アフリカなどに生息するトキ類などを見ることができます。種類によって、姿や習性の違いを見比べることができます。

飼育員  吉森 安英  さんから一言

縁日などでたまに見かける『カメすくい』のミドリガメは、大きくなると28cm!寿命も長いです。
目先のかわいさにとらわれず、ずっと幸せに飼ってあげれるか考えに考えたうえで、すくってあげてくださいね。

動物ブログ

We Are supporter!! この動物たちを支えていただいているサポーターの皆さん

写真
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917