ヒヨドリ 〜到津の動物たち〜

ヒヨドリ
【名称】
ヒヨドリ
【分類】
スズメ目 ヒヨドリ科
【学名】
Hypsipetes amaurotis
【分布大区分】
アジア,日本
【分布小区分】
日本、台湾、フィリピン
【園内エリア】
郷土の森林

園内での居場所>>園内マップ詳細へ

鳴き声を聞いてみる

キャッチコピー

小さなジャイアン!音痴なんて気にしないゾ!

ここに注目

気持ち良さそうに鳴いています。木の上でしっぽの長い子を探してください。

ヒヨドリの情報

【英 名】
Brown-eared bulbul、chestnut-eared bulbul
【体 長】
25~29cm
【体 重】
66~100g
【尾の長さ】
 
【寿 命】
 
【野生での食べ物】
昆虫、木の実、花蜜など
【レッドリスト】
軽度懸念(LC)
【ワシントン条約】
 

園内での食べ物

穀類ミックス
穀類ミックス
青菜みじん切り
青菜みじん切り
果物ミックス
果物ミックス
水鳥用ペレット
水鳥用ペレット
ミルワーム
ミルワーム
マイナーフード
マイナーフード
ドッグフード
ドッグフード

ヒヨドリの生活

オスメス同色。
体は灰褐色で、胸には縦斑がある。頬は赤褐色。
下尾筒は灰褐色で、淡色の羽緑がある。
繁殖なわばりをかまえ、樹上の茂みに小枝、枯草などで皿形の巣をつくる。
ピーヨ、ピーヨとにぎやかに鳴く。

施設の魅力

こもれび内観
こもれび内観
こもれび内観2
こもれび内観2
こもれびの径外観
こもれびの径外観
ウォークスルーできる施設の中には、日本の小鳥たちがすんでいます。
足元や木の上をよく探してみてください。かわいらしい姿があちらこちらで観察できます。
小鳥たちと仲良くなる秘訣は、おどかさずそっとのぞくことです。
野鳥なので、さわったり抱っこしたりするほど慣れていませんが、付かず離れずのもどかしい距離を楽しんでください。

飼育員  中嶋 麻海  さんから一言

ヒヨドリは保護でヒナがたくさん来たので、とても思い入れがあります。目がいいようで、まわりをよく見ています。

動物ブログ

We Are supporter!! この動物たちを支えていただいているサポーターの皆さん

写真
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917