ヌマガエル 〜到津の動物たち〜

ヌマガエル
【名称】
ヌマガエル
【分類】
無尾目 アカガエル科
【学名】
Fejervarya limnocharis
【分布大区分】
アジア,日本
【分布小区分】
本州中部以西、四国、九州、台湾、中国
【園内エリア】
郷土の森林

園内での居場所>>園内マップ詳細へ

鳴き声を聞いてみる

キャッチコピー

普通種ですけど何か?

ここに注目

茶色いまだら模様の体...背中には小さな突起...あんまりかわいい要素がない...でも自然の中にいるとこの模様のおかげで見つかりにくいんです。

ヌマガエルの情報

【英 名】
Indian rice frog, Cricket flog
【体 長】
3.5~6.8cm
【体 重】
2.1~15.4g
【尾の長さ】
 
【寿 命】
 
【野生での食べ物】
昆虫、クモ、ミミズ、ダンゴムシなど
【レッドリスト】
軽度懸念(LC)
【ワシントン条約】
 

園内での食べ物

コオロギ
コオロギ

ヌマガエルの生活

メスの方がオスより大きい。
背中側は灰褐色のまだら模様だが、背中の中央部に細い白線をもつ個体もいる。背中側には小さないぼ状突起が並ぶ。腹側は白い。
広域分布種で地方的変異が多い。各地の変異が複雑で分類が難しい。

施設の魅力

いきもの館ジオラマ
いきもの館ジオラマ
いきもの館テーブル
いきもの館テーブル
いきもの館外観
いきもの館外観
基本的には日本産の小さな生物を展示している施設です。常設展示の生物は少なく、その他は年間数回の展示交換の時に入れ代えます。
展示交換の際はテーマを決めておこなうためそのときには外国産の生物を展示することもあります。
内部にはジオラマがあり、覗き込んだり見上げたりしながら生物を観察することができます。

飼育員  吉森 安英  さんから一言

同じ地域でも背中線があったりなかったりと一瞬同じカエルには見えません。いろんなところでよく聞きますが、ヌマガエルは‘イボガエル’ではありません。‘イボガエル’はツチガエルという別のカエルです。
どこが違うかというと言葉では難しいんですが、もっと単色に近くて背中の突起は大きく、もっと乾いた質感をしています。よく見ると眼と鼻の間が盛り上がっていたりするんですが...見比べないと難しいですね。

動物ブログ

We Are supporter!! この動物たちを支えていただいているサポーターの皆さん

写真
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917