オオサイチョウ 〜到津の動物たち〜

オオサイチョウ
【名称】
オオサイチョウ
【分類】
サイチョウ目 サイチョウ科
【学名】
Buceros bicornis
【分布大区分】
アジア
【分布小区分】
東南アジア
【園内エリア】
樹冠の世界

園内での居場所>>園内マップ詳細へ

鳴き声を聞いてみる

キャッチコピー

到津の森イチ!?アツアツな仲良し夫婦!

ここに注目

春の繁殖期を中心に、オスがメスに食べ物をプレゼントするのが特徴です!手渡しならぬ口渡しのシーンを見れたらとってもラッキー!

個体情報

オオ オス♂
【名前】
オオ
【性別】
オス♂
【生年月日】
 
【年齢】
 
【人間年齢】
 
サム メス♀
【名前】
サム
【性別】
メス♀
【生年月日】
 
【年齢】
 
【人間年齢】
 

オオサイチョウの情報

【英 名】
Great Hornbill
【体 長】
95~105cm
【体 重】
1.2kg
【尾の長さ】
 
【寿 命】
 
【野生での食べ物】
果実、小哺乳類、鳥、爬虫類、昆虫など
【レッドリスト】
準絶滅危惧(NT)
【ワシントン条約】
 

園内での食べ物

ゆでたまご
ゆでたまご
オオハシ用ペレット
オオハシ用ペレット
煮人参
煮人参
煮イモ
煮イモ
リンゴ
リンゴ
バナナ
バナナ
オレンジ
オレンジ

オオサイチョウの生活

サイチョウ科の最大種で、嘴の上にあるサイの角のような黄色い突起が名前の由来になった。下嘴の基部と顔をぐるりと取り巻く黒い帯があり、下面の下部と尾羽は白い。黒い翼には白い翼帯がある。
オスメスは似ているが、メスの方が小さくて虹彩の色が濁った白色である。オスは虹彩が赤い。
木の樹洞などに巣をつくり、メスは巣の中に入りヒナの世話をする。その際、内部からオスからエサを受け取る穴のみを残し、泥で穴をふさぐ。ヒナがある程度成長してからメスは外へ出るようになる。

施設の魅力

s-オオサイチョウ外観.jpg
s-オオサイチョウ外観.jpg
地上からおよそ10メートル!樹木の上での生活を描く『樹冠の世界』では、身軽なサルたちや大型の鳥類が活発に動く姿を、ウッドデッキから動物たちと同じ目線でご覧いただけます!

飼育員  福井 智太  さんから一言

おっとりとした性格のサム(♀)を愛してやまないオオ(♂)!恋の季節には私たち飼育員を威嚇してくることもあります。一生懸命のお世話も、二羽にとっては大きなお世話みたい・・・。

動物ブログ

We Are supporter!! この動物たちを支えていただいているサポーターの皆さん

写真
到津の森公園
〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8  TEL:093-651-1895(9:00~17:00)  FAX:093-651-1917